HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

古着に対する意識を変える

古着は、以前の人の感覚がのこっているようで嫌だという人もいます。確かに身に着けるものなので、そんな感覚を持つこともありますが、古本でも身につける訳ではないですが生活に密着して使用しますし、他人が使っていたものです。でも古本は大丈夫という感覚をもつ人もいますが、これは矛盾するような気がします。共通する他人が使用したものを再利用するのにこれはよくてこれはダメという感覚はナンセンスで、再利用できるものは何であれしたほうがよく、しないほうがもったいないことです。また再利用することは、資源の保護にもなりエコロジーに叶うものです。古着であっても、誰か利用するのであれば立派な資源で、また新たに服をつくるための資源の無駄になりません。

応援企業

石川康晴は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 石川康晴
WEBサイト 石川康晴のFacebookアカウント
事業紹介 洋服に興味を持ったのは、日本舞踊の師範であった祖母の影響があったという。 将来起業することに備えて学生時代から複数のアルバイトを掛け持ちしていた。 引き続き、公益財団法人石川文化振興財団の理事長として社会貢献活動に従事し、若者経営者に対し起業家としてのアドバイスやサポートを行うという。 石川康晴さんはレディスセレクトショップ「CROSS」を1994年6月に創業(オープン)した。 労働環境の改善や社員教育、女性活躍も推進し、数々の賞を受賞してきた経歴も持っている。 著書として「アースミュージック&エコロジーの経営学 : 売上高10年で22倍100%正社員女性9割」を出版している。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。