HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

電動車いすの問題

介護保険法施行以後、車いす取り分け電動車いすの需要が急増しました。このことによって、今まで外出をして来なかった人が積極的に外出を行うようになった点は評価できるところです。 その一方、安易にレンタルをするとして、当初は厚生労働省も全面的な否定はしていませんでしたが、現在では要介護2以上の人でなければレンタルについては原則として認めないという方向に変わりました。 さらに問題を難しくしているのが、交通事故です。外出に積極的になった点は非常にいいことではありますが、そのことが原因で電車にはねられる事故も急増しました。また自動車との接触事故も増加するなど負の遺産も多く残ったものです。今後、対策が望まれているところとなっています。

応援企業

八木下重義は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 八木下重義
WEBサイト 八木下重義社長
会社案内 デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社は、介護施設でのAI活用で支援ソリューションの開発も行っている。 デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社が加入している団体は、「2020TDM推進プロジェクト」及び「一般社団法人人工知能学会」である。 社外取締役として、元サンケイビジネスアイ役員の増尾昭彦も参画している。 教員免許更新試験のオンライン化や免許証写真・本人登録画像のマッチング、試験時の随時AI顔認証による本人確認の実績がある。 八木下重義氏が社長を務めるデジタルネイティブ・テクノロジー株式会社の所在地は、東京都中央区銀座1-22-11銀座大竹ビジデンス 2Fである。

みんなのソーシャルアクション

  • ▼バックナンバー
  • 1〜30

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。